化粧下地 毛穴

やっぱり下地は大切だと思った話

化粧下地についてのお話ですが、アラサーの私は実はメイクは割とはりきってする割にファンデーションに関しては無頓着・無知であり25歳を過ぎるまで、ろくに肌へのメイクはしていませんでした。

 

専ら日焼け止めを塗る程度でアイメイクにばかりこだわっていました。

 

肌にトラブルを抱えていないからなんて素敵な理由でもなく私にはがっつりそばかすがあります。

 

しかし、そばかすを消すほどのファンデーションをすると不自然なほどの厚塗りになりそれが見るにたえなかった為です。

 

そんな私があるとき、このままではだめだと一念発起し、20代後半にして人に聞くなんて恥ずかしいという恥の心を捨てて百貨店へ行きました。

 

某メーカーの化粧品店にて素直に美容部員さんにファンデーションの塗り方がよくわからないので一から流れを教えてくださいとお願いすると、こころよくメイクを教えてくださいました。

 

そこで私がきづいたことはとにかく下地の作り方が大事であり肌色を作るのは下地であるということに気づきました。

 

いくら良いファンデーションをつけてもなぜか私には合っていない感じがする・・

 

そんな方は今一度、下地を見直しましょう。

 

ひとつ良い情報をお教えします!

 

雑誌のモデルさんが撮影の際に使っている化粧下地は、コントロールカラーのブルーを使うことがかなりよくあるそうです。

 

一見肌色が悪くなりそうに思えますがブルーのコントロールカラーを下地に使うことで透き通った肌色を作り出し透明感のある美しい肌色にみせてくれるのです。

 

自分の肌色に合わせて短所を補うように他の色を使うのもありだと思います。

 

他には、毛穴を目立たなくさせてくれるものやファンデーションの馴染みをよくして化粧崩れを防ぐ効果があるものもあります。

 

下地をうまく使える女性こそ、ワンランク上の上品なお肌を演出することができるのではないでしょうか。